古いインターホンを交換しよう|工事の方法を事前に知っておこう

気をつける点

レディ

自宅のインターホンをご自身でリニューアルする場合、まずは可能かどうかをチェックしておきましょう。インターホンの中には専門の資格、経験が無いと取り付ける事が出来ない物もあります。また、集合住宅や賃貸の場合は個人で取り替える事は出来ないので、必ず管理者に連絡しておきましょう。

詳しく見る

電気工事士が必要な場合

作業員

インターホンの配線方法は多くの場合、既設の配線を利用しています。その為、インターホン交換の多くが電気工事士による工事が必要となります。インターホンは電気を利用しているので正確な工事が求められます。数万円の費用が掛かっても安心の為には工事業者が必要となります。

詳しく見る

資格があるか確認して

インターホン

インターホンは比較的手軽に交換できるので近年は安い賃貸住宅でもリニューアルするところが増えています。交換方法がわからないという場合は業者に依頼する方が確実です。一括見積もりサイトで比較するのもおすすめです。

詳しく見る

配線工事が必要なことも

女性

古くなったインターホンを新しいものに交換する際に自分で行うのはなく、業者に依頼するという人も増えています。その理由としてはインターホンの多機能化があります。カメラ付きなど防犯機能が高まったことで配線工事の必要があるため、安全に工事を行うために業者に依頼する人が増えているのです。

詳しく見る

来訪者を知る

メンズ

近年のインターホンは進歩しており、カメラの角度を変えることができるものがある他、ドライブレコーダーのように来訪者がボタンを押した時以外も録画してくれるものもあります。そのため、現在のインターホンに物足りなさを感じているのなら、この際、ご自宅のインターホンをリニューアルしてみてはいかがでしょうか。

詳しく見る

取り換えの概要

ウーマン

取り換え工事とその方法

一戸建て住宅やマンションなどにおいて、インターホンを設置していることが多くなっている。インターホンにも多くの種類があり、テレビ付きのインターホンや音声会話のみのものなど様々である。以前は、チャイムのみのものが主流であったが、最近では外部にカメラが設置されており来客者の様子を見ながら話しができるものが増えてきている。これらのインターホンを交換する場合には、業者に依頼して工事をする必要があるものが一般的である。インターホンでは、多くの製品で室内の親機と、玄関先に取り着ける子機を有線で結んでいることがある。また、子機についても室内などから電力を取る必要があるため、設置工事が必要になる。最近では、無線のインターホンも増えてきており、これらの場合には親機と子機を接続する配線工事が不要なケースもある。これらの配線工事では電気工事が必要になるため、交換時には専門業者による交換作業が必要になる。インターホンを購入した場合には、交換の工事もセットになっている場合が通常であり、購入と同時に交換工事を申し込む必要がある。インターネットなどでインターホンの本体のみを購入した場合には、別途交換工事を依頼する必要がある。この場合には、インターネットなどで交換工事を行ってくれる業者を探したうえで依頼する必要がある。これらの工事を行わずに交換したい場合には、ワイヤレスの製品を購入すると、配線の必要が無く簡単に交換可能である。